【動画で学ぶ】Photoshopを使って画像を切り抜いてみよう

【動画で学ぶ】Photoshopを使って画像を切り抜いてみよう

こんにちは!

takafumiです。

今日はPhotoshopを使った画像の切り抜きをやってみましょう!

と言いたいところですが、もしかしたら

あなた

Photoshopってプロが使うソフトだよね?

あれって、難しそうだけど、自分にできるかな?

なんて思っていませんか?

全然、ノープロブレムです!

初めてPhotoshopを使う人でも分かるように、動画を交えながら進めていくので安心してくださいね!

それでは、レッスンスタートです!

今日のレッスンでやること

Photoshopを使って画像を切り抜いてみよう

 

今日のレッスンでは六面体のブロックを画像から切り抜く方法について学んでみましょう。

フォトショップを使えば、簡単にできちゃいます!

 

必要な画像を用意しよう

まずは、今日のレッスンで使う画像を準備しましょう。

こちらのリンクからサイトに飛んでください。

画像のダウンロードページに移動するので、「無料ダウンロード」をクリックします。

無料ダウンロードをクリック

 

プルダウンメニューが表示されるので、一番小さいサイズを選択して「ダウンロード」をクリックします。

画像サイズを選択してダウンロードする

これで、自動的にコンピュータに画像が保存されます!

 

Photoshopで画像を開こう

画像の準備ができたので、ファイルをPhotoshopで開いてみましょう。

まずは、Photoshopのアイコンをクリックして起動してください。

フォトショップアイコン

 

最新版のフォトショップではソフトを起動すると、次のような初期画面が表示されます。

その画面にある「開く」をクリックするか

フォトショップでファイルを開く

 

上部メニューの ファイル > 開く をクリックしても大丈夫です!

フォトショップで画像を開く

 

ウィンドウが現れるので、先ほどダウンロードしたファイルを選択して「開く」をクリックします。

画像を選択して開く

 

このようにフォトショップで画像が開けたら、とりあえずOKです。

フォトショップで画像を開いた状態

 

色々な選択ツールを使ってみよう

フォトショップで画像を切り抜くときには、選択ツールというもの使って特定の領域を選択します。

あとは、その領域を塗りつぶしたり、削除したりして画像を加工していきます。

ここでは、色々な選択ツールを使って画像を加工してみましょう!

 

長方形選択ツール

長方形選択ツールはその名の通り、長方形で特定の領域を選択するツールです。

左のツールバーから「長方形のアイコン」をクリックしてください。

長方形選択ツールをクリック

 

マウスカーソルの先が十字になったのを確認したら、ダイスの左上あたりからドラッグして、右下あたりでマウスの左ボタンを離してみましょう。

長方形ツールで領域を指定する

 

これで、チカチカしている長方形の領域が選択できました。

試しに領域内の画像を動かしてみましょう!

左のツールバーから「移動ツール」をクリックします。

フォトショップの移動ツールを選択

 

指定された領域でマウスをドラッグすると、画像を移動させることができます。

試しに、左上に移動させてみましょう。

フォトショップの移動ツールで移動させる

 

takafumi

あれ、全然きれいに切り抜けてない!

そうなんです。

長方形選択ツール」はダイスのような形状の領域を選択するのには向いていないんです。

別のツールを使ってみましょう!

移動ツールの変更を戻すために、command + z (Windowsの方は ctrl + z) を押して、1つ前に戻しておい下さい。

 

なげなわツールを使ってみよう

長方形選択ツールとは違って、フリーハンドで囲った部分が選択範囲になる「なげなわツール」を使ってみましょう。

左のツールバーから、「なげなわツール」を選択します。

フォトショップでなげなわツールを選択

 

マウスの左ボタンを押しながら、ダイスの輪郭をなぞっていきます。

始まりの点に戻ったら、左ボタンを離せばOKです。

フォトショップのなげなわツールで選択範囲を指定

 

範囲が選択できたので、「移動ツール」を使って左上に移動させてみましょう。

フォトショップのなげなわツールで領域を指定して移動

 

takafumi

さっきよりは、形状に沿って切り抜けたけど、なんか輪郭がガタガタでお豆腐みたい。。

なげなわツール」はフリーハンドで選択範囲を指定できるので便利なのですが、ダイスのように直線が多いものに対しては適していません。

それでは、別のツールをつかってみましょう。

移動ツールの変更を戻すために、command + z (Windowsの方は ctrl + z) を押して、1つ前に戻しておい下さい。

 

多角形選択ツールをつかってみよう

直線や角が多い対象物を切り抜くのに、最も適している「多角形選択ツール」を使ってみましょう!

多角形選択ツール」を使うと、対象物の角をポチポチとクリックするだけで簡単に領域を選択できます。

左のツールバーにある、「なげなわツール」を長くクリックしてみてください。

そうすると、サブメニューが表示されるので「多角形選択ツール」をクリックします。

フォトショップで多角形選択ツールを選択

 

下の画像のように、6つの角を順番にクリックしていきます。

そして、最初の点1を再びクリックします。

フォトショップの多角形選択ツールでダイスの角を順番に指定

 

takafumi

すごい!きれいにダイスを選択できた!

 

これで、ダイスの輪郭が綺麗に選択できたので、選択範囲以外の背景を削除してみましょう。

上部のメニューから 選択範囲 > 選択範囲を反転 をクリックします。

フォトショップで選択範囲を反転

 

選択範囲が反転して、背景部分が選択されたのがわかると思います。

フォトショップで選択範囲を反転した場合

 

あとは、「Delete」をキーを押すだけで背景が簡単に削除できます。

フォトショップでdeleteを使った画像の削除

 

takafumi

やってみると、案外簡単に画像を切り抜くことができるね。

 

動画だと6分で学べます

手順に従ってもよくわからなかったという場合は、下の動画を見てください!

記事で紹介した内容を動画で説明しています。

 

レッスンはここで終わりです

いかがだったでしょうか?

フォトショップって難しそう」と思っていたあなたでも、やってみると案外簡単に画像を切り抜けることがわかったと思います。

画像を切り抜くときに大切なことは、最適な「選択ツール」を使うということです。

習うより、慣れろ」という言葉のとおり、まずは色々な画像を切り抜いてフォトショップに慣れていきましょう。

 

それでは、また別のレッスンお会いしましょう!

この記事をシェアしませんか?Share on Facebook0Tweet about this on TwitterShare on Google+0