Macのカラーピッカーは「Sip」に決まり

Macのカラーピッカーは「Sip」に決まり

こんにちは!

タカフミです。

アプリやウェブサイトのデザインをしているときに

タカフミ

このアイコンの青色いい感じだから使いたいなー。

なんて思うときありませんか?

そんな時にオススメの便利なアプリがあります。

今日は僕が使いに使いまくっている、デザイナーにもエンジニアにもオススメのカラーピッカー「Sip」をご紹介します!

 

インストール方法

Sipはこれまで、公式のアプリ販売プラットホームであるApp Storeで販売されていたのですが、現在は公式サイトからのダウンロードとSETAPP上での販売の2種類になっています。「SETAPPってなに?」という方はこちらの記事をご覧ください。

体験版のダウンロード

Sipは体験版と有料版の2種類が用意されています。有料版は9.99ドルとなっており、十分安いのですが「ちょっと試してみたい」というかたは、体験版をダウンロードされることをオススメします。

こちらからSipの公式サイトへ移動します。

Try if for Free」というボタンをクリックすると、自動的にソフトウェアがダウンロードされます。

 

 

MacのカラーピッカーSipのダウンロード

 

 

sip.dmg」というファイルがダウンロードされるのでそちらを開いてください。Sipのアイコンを隣の「Applications」フォルダにドラック&ドロップすればインストール完了となります。

 

 

MacのカラーピッカーSipのインストール

 

色を取得する

Sipの便利なところは、画面の上の好きな色を簡単に取得できる点です。インストールが完了すると、上部のメニューバーにアイコンが表示されるので、それをクリックしてください。

 

MacのカラーピッカーSipのアイコンを選択

 

白い丸のアイコンをクリックしてみましょう。

 

MacのカラーピッカーSipのカラーピッカーアイコン

 

マウスの先が虫眼鏡のようになります。そこから、色を取得したい部分にカーソルを移動させてクリックしてみてください。

ピッ!」という音が鳴ったら、取得完了です。

ここではChromeアイコンに使われている黄色を取得してみたいと思います。

 

MacのカラーピッカーSipで色を取得

 

上部のアイコンを再度クリックすると、先ほど取得した黄色がリストに追加されているのが分かると思います。今後、取得した色はここにどんどん追加されていきます。

 

 

MacのカラーピッカーSipで取得した色の一覧を確認

 

カラーコードの変更

Sipの便利なところは、取得した色を様々なカラーコードに変換することができる点です。とっても、簡単にできるのでさっそくやってみましょう。

画面上部の上から二行目の部分にカーソルを持ってくると、様々なカラーコードが表示されます。

 

MacのカラーピッカーSipでカラーコードを変更する

 

試しに、「CSS Hex」をクリックしてみましょう。

 

MacのカラーピッカーSipでHEXを選択する

 

そうすると、これまでに取得した色が全て「Hex」形式で表示されます。

 

MacのカラーピッカーSipで変換した色を取得する

 

取得した色をコピーする

指定したカラーコードの値をコピーしてみましょう。

上部アイコンをクリックして、これまでに取得した色から使用したい色をクリックします。「ピッ!」という音が鳴ったら、コピー完了です。今回の場合だと、HEX形式で取得した黄色のカラーコードである「#FED100」という値をコピーすることができます。

あとは、これをCSSの色の値として利用したりすることができます。

 

MacのカラーピッカーSipで取得した色の値をコピー

 

色の変更

取得した色の明度や色味などを変更したいときがあると思います。Sipならそれも簡単に出来ちゃうんです。変更したい色のところにカーソルを移動させると、アイコンが右端に表示されます。そこから、スライダーアイコンをクリックします。

 

MacのカラーピッカーSipで色を変更

 

編集するためのウィンドウが表示されるので、そこからスライダーアイコンをクリックしてください。

 

MacのカラーピッカーSipで色を編集するためのウィンドウ

 

各色の成分を変更するスライダーが表示されるので、目的の色に応じてスライダーを動かしながら色を修正してみましょう。色が決まったら、「緑色のチェックボタン」をクリックして完了です!

 

MacのカラーピッカーSipで修正した色を確定する

 

おわりに

Sipを使うと簡単に任意の色を取得したり、特定のカラーコードに変換できることが分かったと思います。AndroidやiOSなどで使うカラーコードにも簡単に変換できるので、デザイナーのみならずエンジニアの方にもオススメのツールです!

この記事をシェアしませんか?Share on Facebook1Tweet about this on TwitterShare on Google+0