【UI KAIZEN】アプリのUIを見直して、ユーザーが混乱しないようにしてみた

【UI KAIZEN】アプリのUIを見直して、ユーザーが混乱しないようにしてみた

こんにちは、タカフミです。

先日、こちらのブログでも紹介したスグニーというアプリのアップデートを行いました。どんなアプリについてなのかは、こちらの記事をご覧ください。

今回、アプリをアップデートしたのには理由があります。

それは、UIの見直しをしたかったからでした。

以前のUIの問題点

このアプリでは、メモした内容をメールで送信する際に送信先と件名を選択する必要があります。

そのため下のように、メールアドレスと件名を選択するためのスクロールビューが2つ並んでいます。

 

アプリのUI改善例

 

しかし、このUIではユーザーに混乱を招いてしまう可能性がありました。

それは、それぞれのスクロールビューが隙間なく隣接されているために、スクロールビュー上に配置された項目のグルーピングが曖昧になってしまい、直感的にどうやって操作したら良いのか分からないという問題を抱えていました。

この状態だと、パッと見ではどの項目が「メール」に属していて、どの項目が「件名」に属しているか分からなくなってしまいます。

 

UIデザイン改善例

 

その他にも、区切りがないため上下左右のどちら方向にスクロールできるのかもよく分からない最悪なUIとなってしまいました。

 

UIデザイン改善例

 

件名を意味する大小2つの「T」が並んだアイコンもよくありません。これだと、タイトルのアイコンというより、文字の大きさを意味するアイコンのように思えてしまいます。

 

アプリのUI改善

アプリのUIを見直した結果

誤解を招くスクロールビューの箇所は、下のようなUIに変更をしました。

隣接して繋がっていたスクロールビューの要素を分離して、完全に独立した形に変更をしています。

この変更によって、スクロール方向も直感的に分かり、スクロールビュー上に配置されている各項目もどちらに所属しているかが一目でわかるようになりました!

また、メールの件名を表すアイコンも変更してみました。

アプリUI改善例

UIの改善はまだまだ続く

一度リリースしたアプリでも、様々な場面で実際に使ってみるとUI的にまだまだ改善すべき点が見えてくることがあります。

これからも、定期的にブラッシュアップを行ってよりよいアプリにしていきたいと思います。

この記事をシェアしませんか?Share on Facebook0Tweet about this on TwitterShare on Google+0