僕がアプリのアイコンを自分で作る理由

僕がアプリのアイコンを自分で作る理由

こんにちは!タカフミです!

僕は普段、仕事やプライベートでアプリやウェブサイト開発をしているときに、そこで使うアイコンも自分で作るようにしています。

無料で配布されているアイコンを使ったほうが楽できるのでいいのですが、それはなるべくしないようにしています。

実はそれには理由があるからなんです。。

オリジナリティがだせる

インターネットで「無料 アイコン」と言ったキーワードで検索すると、山のように著作権フリーで使えるアイコンを見つけることができます。

無料なのにどれも高品質で使い勝手のいいアイコンが揃っているので、簡単に自分のアプリやサイトに使うことができます。

当たり前のことなのですが、デザイン性に優れている人気の無料アイコンは多くの人に使われることになります。

そのため、自分のアプリにその人気アイコンを使ってしまうと、デザイン面で他のアプリとの違いが少なくなってしまい、オリジナリティにかけてしまうことがあります。フラットデザインを採用しているアプリの場合は、よりその傾向が強くなります。

そこで、アイコンも自作することでアプリにオリジナリティを持たせることができます。

統一感がだせる

フリーのアイコンを使っていると、そのアイコンセットに使いたいアイコンが無いために、他のアイコンセットから必要なものを持ってくることがあるかと思います。

そうすると、往々にして下のような感じになってしまいます。

統一感のないアイコンセット

見ていただくと分かるように、明らかに左から三つ目のアイコンのテイストが違うために別のアイコンセットが取ってきたのがすぐに分かってしまいます。

アプリのUIデザインで大切なのは統一感です。

アプリ内でテイストの違うアイコンが1つでもあると、ユーザはそこに目が留まってしまいます。たった1つのアイコンでアプリ全体に不安定な印象を与えてしまうことがあります。

デザインでテイストを調整できる

僕がアプリのアイコンを自作する一番の理由は「デザインでテイストを調整」できる点にあります。

たとえば、開発しているアプリが女性や子供向けの場合は柔らかい温かみのあるアイコンが必要になります。そのテイストのアイコンを探すよりも、自分で作ってしまったほうが結果的に早くすむことがよくあります。

また、自分で作ったアイコンなので色使いやテイストも自由自在に変えることができます。

自分で作成したアイコンが1つあれば、線の太さ角丸を調整するだけで「男性向けのクールでソリッド」なアイコンも簡単に作成できてしまいます。

女性向け・男性向けのアプリアイコン

みなさんもアプリを開発される際は、ついでにアイコンも自作してみてはいかがでしょうか?

オリジナリティが増して、今以上に自分のアプリに愛着が湧くようになるはずです!

この記事をシェアしませんか?Share on Facebook0Tweet about this on TwitterShare on Google+0

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする