あなたは知っている?Sketchに隠された便利な機能

あなたは知っている?Sketchに隠された便利な4つ機能

こんにちは!

タカフミです。

みなさん、Sketch使ってますか?
僕は仕事でもプライベートでも、アプリやウェブサイトのデザインをする時にSketchを愛用しています。illustratorに比べて、操作も簡単ですしMacをお持ちのデザイナーさんにはオススメのソフトウェアです!

この、Sketchが使いやすい1つの理由に豊富なショートカットキーがあります。キーボードの「R」を押すと、長方形が描画できたり、「T」を押すと、テキストがすぐに挿入できたりします。

これだけでも、十分便利なSketchなんですが、実は隠された機能がまだまだあるんです。

隠された機能を勉強して、もっと快適なSketchライフを送れるようになりましょう!

キーボードを使ったサイズの変更

オブジェクトを作成したらマウスを使ってサイズを変更する方法が一般的ですが、キーボードを使って変更することもできちゃいます。

sketchのマウスを使ったサイズの変更

 

cmdと矢印キーを使ったサイズの変更

オブジェクトを選択した状態で、「commandキー」 とキーボードの「→」または「←」を押すと、幅を大きくしたり、小さくすることができます。

 

sketchでキーボードを使ったサイズの変更

 

「commandキー」 とキーボードの「↑」または「↓」を押すと、高さを大きくしたり、小さくすることができます。

 

sketchでキーボードを使ったサイズの変更

 

shiftを使って変化量を変える

「commandキー」と矢印を使ったサイズの変更をやってみると、変化量が少なくて大きな修正を加える時には時間がかかってしまいます。そんなときには、「shiftキー」をさらに追加することで変化量を多くすることができます。

 

sketchでキーボードを使ったサイズの変更

ショートカットキーを使ったの微調整

Sketchで長方形のサイズなどを変更するとき、画面の右側の「Size」プロパティのWidthHeightの矢印をクリックして修正することができます。

1pxずつの調整

普通に矢印をクリックすると、1pxずつ調整することができます。

 

sketchの微調整

 

altを使った0.1pxずつの調整

「Altキー」を押しながら、矢印をクリックすると0.1pxずつ調整することができます。細かな微調整が必要なときには、便利な機能ですね。

 

sketchの0.1pxの微調整

 

shiftを使った10pxずつの調整

「shiftキー」を押しながら、矢印をクリックすると10pxずつ調整できます。

 

sketchの10pxの微調整

 

スペースキーを使ったオブジェクトの作成と移動

通常、ショートカットキーなどを使ってオブジェクトを作成したら、マウスを利用してオブジェクトを移動させます。

たとえば、長方形を作成するためのショートカットキー「R」を使った、場合はこんな感じになります。

 

Sketch 一般的なオブジェクトの作成と移動

 

この作業を「スペースキー」を使うと、一纏めにすることができちゃいます。オブジェクトの形がきまったら、マウスの左ボタンを押したまま「スペースキー」を押してみてください。オブジェクトの位置を移動させることができます。

 

Sketch 一般的なオブジェクトの作成と移動

 

cmdとDを使った一定間隔の複製

デザインをしていると、ある要素を一定の間隔で複製したいときがよくあります。そんな時にも、Sketchは便利です。

まずは、複製のパターンを「altキー」とマウスのドラッグで登録します。

 

Sketch altキーで複製

パターンの登録が完了したら、複製したオブジェクトを選択して「commandキー」と「D」をおしてみてください。パターンに応じた、一定の間隔でオブジェクトが複製されていきます。

 

sketch cmdとdを使った複製

 

まとめ

これまで、Sketchが便利に使えるショートカットキーなどをご紹介しました。もしかしたら、知らなかった機能などがあったかもしれません。これらの裏ワザを使って、明日からでも快適なSketchライフをお過ごしください!

この他にも便利な裏ワザやプラグインなどが、まだまだあるので今後もご紹介していきたいと思います!

この記事をシェアしませんか?Share on Facebook1Tweet about this on TwitterShare on Google+0