オンラインでレッスンを提供している人は今すぐzoomを始めてみたらいいと思うよ!

オンラインレッスン提供している人は今すぐzoomを始めてみたらいいと思うよ!

僕は仕事の一つとして、デザインやプログラミングについて教えています。生徒さんの状況に合わせて対面で教える場合もあれば、遠方の方にはインターネット上で出来るビデオチャットを使って教えたりしています。

これまでは、スカイプやGoogleのハングアウトを使ってオンラインレッスンを提供していたのですが、これがなかなか思うようにいかなくて苦い思いをしていました。

画質が安定しなかったり、画面共有しながら教えていても「ここをクリック」のココがどこを指しているのか相手に伝わらず授業がスムーズに進まないというケースが何度もあったのです。

そんなことが何回も続いたせいで、僕自身もオンラインレッスンそのものに良い印象が持てず、遠方の生徒さんに対してはお断りをすることもありました。

そうは言っても、折角の問い合わせを無駄にするなんて勿体なくて「オンラインでもストレスなく授業できないかなー」なんて、悩んでいた所で出会った素晴らしいツールが zoom でした!

Zoomはオンライン上でビデオ通話が出来るツールなのですが、従来のビデオ通話システムとは違って一線を画した素晴らしいプロダクトでした。オンラインレッスンを提供している人にとってはマストなツールだと思います!

参考

zoomのダウンロードはこちらzoom

 

その場で本当に会話しているような体験ができる

一般的なビデオ通話システムを使って複数人で会議をすると、直接対面で会話をしているわけではないので「今誰が話しているんだろう」と考えてしまうことがあります。この余計な考えに思考巡らせてしまうために、話に集中できなくなってしまう時があるんです。

でも、zoomではそんなことはありません。複数人で会議をしていたとしても、話している人を認識して自動で画面を切り替えてくれる機能がzoomにはついています。相手の話している映像がこちら側にも表示されるので、今誰が話しているのかがハッキリとわかってストレスなく、会議に集中することができるんです。不思議なもので、音声と相手の口の動きが映像で流れてくると、本当にその場で会話をしているように感じられるものです。


授業内容を録画してクラウド上に保存できる

僕はオンラインレッスン終了後に、その日教えた部分について生徒さんが復習できるように「まとめ」の資料を送るようにしています。

しかし、プログラミングの授業では細かな作業などが多く発生するため、それら全てを文字や画像でまとめて共有するのが大変になるケースが増えてきていました。生徒さんの方も「まとめ」が出来るまで、待機するような形になってしまいお互い「なんだかなー」という感じがあったのです。

そこで、zoomの録画機能が大活躍をしてくれました!レッスン中に共有している画面や会話などをクリック一つで全て録画してくれるのです。クラウド上に動画ファイルを保存してくれるので、パソコンのストレージは気にすることなく利用できるという優れものです。動画の保存が完了するとURLが発行されて、生徒さんと共有することもできます。

このおかげで生徒さんを待たせることなくすぐに復習用の動画ファイルを用意できるようになり、より教えるという事に集中できるようになりました。

リモートコントロールで相手のパソコンを操作できる

インターネット環境が整備されたことで、場所に関係なくパソコン一つあれば色々な人にプログラミングやデザインを教えられる環境が出来上がってきているのですが、それでも困る場面が一つだけありました。それは、複雑なマウスやキーボードの操作を言葉だけでは上手く伝えられないということです。

たとえば、デザインのレッスンでillustratorを使って猫のイラスト描くときに、ペンツールというのを使ってパスを引く作業が必要になります。

でも、このペンツールというのが非常に癖のあるツールで多くの初心者を悩ませる部分なんです。慣れてしまえばなんてことはないのですが、とにかくマウスの動かし方などが独特で言葉では上手く伝わりずらい部分でした。

でも、zoomは違います!相手が許可を出してくれると、生徒さんのコンピュータのマウスやキーボードを乗っ取って、遠隔操作ができるようになります。タイムラグはほとんどなく直接パソコンを操作していると感じられるほどの、スムースさです。

これのおかげで、生徒さん自身も理解が深まって、僕にとってもより価値のある授業を提供できるようになりました!

もし、オンライン上で授業やカウンセリングなどをされている方は一度はzoomを使ってみることをオススメします!今以上にお客さんの満足度を向上してくれるに違いありません。

この記事をシェアしませんか?Share on Facebook0Tweet about this on TwitterShare on Google+0