お金を払う価値あり!おすすめのマインドマップのアプリはこれだ

お金を払う価値あり!おすすめのマインドマップアプリはこれ

こんにちは!

takafumiです。

あなたは普段どんな方法でアイデアをまとめていますか?

こちらの記事『こんなビジネスアイデアあり!?思わず驚いた目から鱗のアイデア』でも、話しているように私は暇さえあれば

takafumi
なんか、お金になりそうな、良いアイデアないかなー。

といつも考えています。

 

日中に考えていたことを、家に帰ってからまとめたり、全くアイデアが思い浮かばないときにアイデアをだすためのフレームワークを使ったりします。

マインドマップってなに?

アイデア出しのフレームワークには色々なものがあります。

9つのマスを使って、連想する単語を埋めていく「マンダラート」。

複数人で大量のアイデアを出し合う「ブレーンストーミング」。

そして、これから紹介するアプリでも採用されている「マインドマップ」。

 

マインドマップとは「表現したいテーマとなるキワード」を中心において、それに関連するキワードやイラストなどを放射状につなげてゆくことで、アイデアをまとめる方法です。

マインドマップが完成すると、大きく広がったキワードがまるで「1つの大きな樹」のようになります。

 

アプリを使えばマインドマップも気軽にできちゃいます

私はアプリや記事のネタ、副業などのアイデアをまとめるときに、よくマインドマップをつくります。

でも、実はマインドマップって結構大変なんです。

私の場合だと、アイデアが浮かびすぎてしまったせいで、用紙に描ききれなくなることがあります。

他にも、色鉛筆の種類が少ないために、キーワードを描き分けるのが大変になってしまったこともあります。

 

大きな紙が必要だったり、色鉛筆を何種類も用意したりと、マインドマップは事前にいろいろと準備しなくてはいけないのです。

takafumi
マインドマップやりたいけど、大変なんだよなー。

と悩んでいた私の前にMindNodeというアプリがあらわれました。

 

有料アプリなので、購入をためらった瞬間もありました。

しかし、使ってみると本当に素晴らしいアプリでした。

MindNodeによって、気軽にアイデアをまとめることが出来るようなったのです。

 

今回はMindNodeの魅力を余すところなく、ご紹介したいと思います。

 

MindNodeを使ってみよう

MindNodeはMac専用のアプリです。

Macの他にも、iPhoneやiPadでもアプリが提供されています。

MindNodeはマインドマップに特化しているだけあって、豊富な機能が揃っています。

今回はその中でも、最低限知っておきたい部分についてご紹介します!

基本的な操作

まずは、MindNodeの基本的な操作について勉強しましょう。

ノードを追加することで、アイデアが少しずつ、まとまっていくのが分かると思います。

テーマを設定しよう

まずは、新しいマインドマップを作成しましょう。

メニューから ファイル > 新規 をクリックして、新しいマインドマップを作成します。

MindNodeの新規プロジェクト作成後

 

デフォルトでは中央にマインドマップというテーマが設定されています。

なにかテーマが決まっていないと記事を読んでも面白くないので、テーマを決めましょう!

今回は「あなたが転職するにあたって、自己分析が必要になった」として、「自分」というものをテーマにしてみましょう。

白枠の文字をクリックして、「自分」と入力してみましょう。

MindNodeで中心となるテーマを設定する

 

これでテーマの設定は完了です!

 

ノードを作成してみよう

テーマが決まったら、ノードを作成してみましょう。

自分」というキーワードにマウスを近づけると、「」アイコンが表示されますよね?

それを、クリックするとニョキニョキっとノードが作成されます。

MindNodeでノードの追加

 

追加されたノードに「好きなこと」という名前をつけちゃいましょう。

MindNodeノードの追加

 

ノードにノードを追加してみよう

では、次に「好きなこと」というノードにあなたが好きなことを、つらつらと書いて繋げていきましょう!

好きなこと」ノードにマウスを近づけると、またまた「」アイコンが現れるのでクリックします。

MindNodeでノードにノードを追加する

 

私は「映画」と入力しました!

MindNode 好きなことノードを追加

 

それでは、あなたも自分の「好きなこと」ノードを3つ作成してみてくださいね。

私は「映画」の他に「写真」や「デザイン」を追加しました!

MindNodeで複数ノードを追加

takafumi
自分の好きなことを考えて、ノードを追加してみよう。それにしても、あらためて考えると「自分のすきなこと」ってなんだろー。

 

ノードの並べ替え

自分の好きなことについてノードを作成しましたが、好きなことにも順番があると思うんです。

私の場合は デザイン > 写真 > 映画 の順に好きなので、その順番に並び変えてみたいと思います!

方法はとっても簡単です。

移動させたいノードをドラッグして、上や下にもってくるだけです。

私の場合だったら、「デザイン」ノードをドラッグして「映画」の上にもってきます。

そしたら、「映画」ノードをドラッグして、「写真」ノードの下に移動させるだけで完了です。

MindNodeで並び順を変える

ほら、とっても簡単ですよね?

takafumi
MindNodeは直感的に操作できるから、使いやすいな。

 

ノードの移動

それでは、「自分」ノードに新しく「嫌いなこと」というノードを追加しましょう。

MindNodeに嫌いなことノードを追加

 

MindNodeではノードの移動も簡単にできちゃいます。

マインドマップを作っていると、こんなことがよくあります。

takafumi
あれ、でもよく考えたら写真は「嫌いなこと」だった。

写真」ノードをドラッグして、「嫌いなこと」ノードへ持ってくるだけです。

MindNodeでノードを移動する

 

ドラッグするだけで、ノードの親子関係を変更できます。

MindNodeでノードの親子関係を変える

 

ノードの形状をかえよう

ノードの形状を変更していきましょう。

まずは、ノードを変更するためのウィンドウを表示します。

アプリ右上の「絵筆」アイコンをクリックしてみましょう。

MindNodeでサブウィンドウを表示する

 

変更を加えたいノードを選択します。

私は「デザイン」ノードを選択しました!

あとは、フォーマットタブをクリックして、好きなノードの形状を選ぶだけです。

MindNodeでノードの形状を変更する

takafumi
キーワードのタイプによって、ノードの形状をかてみてもいいかも。

 

ノードの枠線を変えよう

枠線をもつノードなら、枠線の種類も変えることができちゃいます。

変更を加えたいノードを選択したら、枠線から種類を選択するだけです!

MindNodeで枠線を変更する

枠線を点線にすると、ちょっとおしゃれですね。

 

ブランチの形状を変えてみよう

ノードとノードを繋げる枝の部分をブランチといいます。

MindNodeではブランチの形状も変えることができるんです。

変更したブランチが繋がれているノードを選択したら、ブランチの種類線の幅を変更してみましょう。

MindNodeでブランチの種類を変更

 

テキストの形式を変えてみよう

ノードに書かれたテキストの形式を変えてみましょう。

ノードを選択して、内容タブをクリックします。

あとは、一般的なWordやExcelなどのようにフォント文字の大きさなどを変更するだけです!

MindNodeでテキストの形式を変更する

takafumi
テキストを変えることで、特定のキーワードを強調することができるね!

 

ノードにメモを残そう

長い文章をノードに直接書くこともできるんですが、ノードの同士の繋がりがわかりにくくなってしまいます。

そこで、便利なのが「メモ」機能です!

使い方はとっても簡単です。

メモを追加したいノードを選択して、サイドバーの「メモ」欄に記入するだけです。

MindNodeにメモを追加する

 

知っておくと便利なこと

これまでに紹介したことで、MindNodeの基本的な使い方はお分かりになったと思います。

ここでは、知っておくとさらに便利な機能をご紹介します!

takafumi
まだ機能があるなんて、MindNodeって凄いな
ノードのテーマを変えよう

デフォルトでは「Elegant」というテーマに設定されています。

全部で8種類のテーマがあるので変更してみましょう!

サイドバーの「書類」を選択して、テーマのところにある「」「」の矢印をクリックして切替えることができます。

MindNodeでテーマの設定

 

【テーマ1 fresh】

MindNodeテーマfresh

 

【テーマ2 coffee】

MindNodeテーマcoffee

 

【テーマ3 delight】

MindNodeテーマdelight

 

【テーマ4 idea sandbox】

MindNodeテーマidea-sandbox

 

【テーマ5 grayscale】

MindNodeテーマgrayscale

 

【テーマ6 ocean】

MindNodeテーマocean

 

【テーマ7 sprout】

MindNodeテーマsprout

 

【テーマ8 personal】

MindNodeテーマpersonal

takafumi
これだけ、テーマがあれば、気分や主題によって使い分けできるね!
ノードのレイアウトを変えよう

中心のテーマに、ノードをどんどん追加していくときにノードのレイアウトの方向を変更することができます。

サイドバーの「書類」をクリックしてみましょう。

レイアウトのところにある、「左揃え」「放射状」「右揃え」の3つから選んでみましょう!

放射状」のレイアウトを選ぶと、最終的には大きな樹のようになります。

MindNodeで放射状のレイアウト

 

ノードの折りたたみと展開

アイデアだしに夢中になっていると、1つのノードにいくつもノードを追加してしまうものです。

気がついたら、こんな感じになっちゃりするんです。

MindNodeで沢山のノードが追加されている

takafumi
キーワードがたくさんでたのはいいけど、ちょっと見づらいな。

そんな時には「デザイン」につながっている「子ノード」を畳んでしまいましょう!

デザイン」ノードの上にマウスを持ってきて、右クリックから『折りたたむ』を選びます。

MindNodeで複数ノードを折りたたむ

takafumi
いっぱいあったノードがまとまって見やすくなった!展開するときは、「・・・」をクリックすればいいんだね!

 

ノードをリスト形式で表示してみよう

マインドマップの作業が終盤になってくると、膨大な数のノードが互いにつながりをもつようになります。

そうすると、大きな樹になってしまうため、ノード同士の繋がりが分かりづらくなってしまうんです。

MindNodeではこれを解決しちゃう便利な機能があるので、さっそく使ってみましょう!

ウィンドウ右上の「リストアイコン」をクリックするだけです。

MindNodeでノードをリスト形式で表示

takafumi
リスト形式でノードが表示されるから分かりやすい。しかも、親子関係もすぐに分かるから、最後にアイデアをまとめるときには便利だな。

 

値段以上のクオリティです

MindNodeいかがでしたでしょうか?

もし、あなたが起業や副業、アプリなどのアイデア出しに困っているのなら、このMindNodeをオススメします。

このMindNode、決して安くないアプリですが、値段以上のクオリティがあります。

アイデアだしの時間を短縮して、効率が上がるのですからこの値段にも納得です。

今回は自信をもってオススメできるマインドマップ作成アプリのMindNodeを紹介しました!

【MindNode】

  • IdeasOnCanvas GmbH
  • 3,600円
  • 仕事効率化
  • Mac (iPhone、iPadでも提供)

ダウンロードはこちら

この記事をシェアしませんか?Share on Facebook25Tweet about this on TwitterShare on Google+0