旅行先のタイで見つけたモールの中に日本語で溢れた素敵な場所がありました

thai-nihongo-shopping

最近、暑い日が続きますね。日本でも涼しくなったと思った矢先、すぐに暑くなったりと変な天候です。

暑いといえば、実は昨日から旅行でタイに来ています!タイといえば灼熱のイメージがあったので、覚悟していたのですが湿度もそこまで高くないのでとても過ごしやすいです。

タイ旅行に来ていると言ったら「水上マーケット」や「アユタヤ」など数多くの観光地が思い浮かぶと思うのですが、観光はほとんどしていません。

違う環境に身を置くことでわかること

せっかく旅行に来ているのに一体なにをしているのかというと、実はホテルにこもって仕事を淡々としています。「せっかく旅行にきているのに勿体無い」と思われる人もいると思うのですが、僕はそんなことは思っていません。

というのも、タイに到着すると周りの人が話す言葉や看板の文字などから多くの刺激を受けているからです。土地勘も全くないので、目的地に行くまでもやっとという感じです(笑) 普段の慣れきった環境と違って、見るもの触れるもの全てが新鮮で、これが体験できただけでもタイに来た甲斐があったと思います。

コーディングやデザインの仕事をしていると、ついついパソコンの画面とにらめっこしてしまう状況になってしまいます。そんな時は、気分転換も兼ねて近くのお店でタイ料理を食べたりしていました。

いつもと違う町並みを歩きながら散策したり、気になったお店に入ってみるだけでも楽しくて頭がリフレッシュされるのがわかります。部屋に戻って来ると頭がリセットされているので、作業が捗るのがよくわかります。適度な休息って大事です!

タイの人からみたら日本語ってクールなのかも

タイの町並みを散策していると「ターミナル21」という名前の大きなショッピングモールを見つけました。その名の通り空港がコンセプトになっているモールでした。エスカレーターの乗り口も空港の搭乗口のようになっていて面白いです。

全8フロアほどで構成されているモールなのですが、各フロアに「パリ」や「サンフランシスコ」「イスタンブール」などの名前がついていて、内装などもそのコンセプトに沿ったデザインになっています。

「東京」がコンセプトになっているフロアもあったのですが、そこの内装が面白かったので是非ご紹介したいと思います。

IMG_1914

提灯や鳥居などいたるところに日本のものがちりばめられています

フロアに入ってみると中にあるテナントは日本とは関係ないものばかりなんですが、提灯や鳥居など日本的なものがいたるところにちりばめられていました。写真を撮るのを忘れてしまったのですが、大きなお相撲さんのモニュメントもありました笑

IMG_1915

大きな鳥居が当たり前にあります。

IMG_1916

天井を見上げると間接照明的な感じで提灯がありました。「完全無欠」や「奇想天外」といった日本人でもあまり使わない四字熟語が使われています。海外の人からみたら、この漢字がごちゃごちゃ混ざっている見た目が格好良く見えるんでしょうね。

IMG_1917

テナントの上には「原宿」や「代官山」といった東京の有名な地名があしらわれています。面白いことにテナントの壁に書かれている地名が山手線の駅名になっているところもありました。

IMG_1921

新宿っぽい町並みをイメージした一画もあります。「ネオン」と書かれている看板がまたいい感じです!

IMG_1922

花火や酒樽の様なものまであり、現地のデザイナーさんが「東京」というイメージをいかにして伝えようとしたのかよく分かります。

IMG_1924

IMG_1925

日本食も人気みたいです

モールの屋上にはフードコードやレストランなどがあるのですが、予想以上に日本料理を扱うお店が多くてびっくりしました。タイではラーメンが人気みたいです。

IMG_1926

「鎌倉うどん」です。一見すると日本のチェーン店のように見えるのですが、どうやら違うようです。筆で書いたような「鎌倉うどん」という下手文字が愛嬌があっていい味だしてます。

IMG_1927

日本でも人気の一風堂です。タイでは1食あたり200円ほどで食べられるところ、一風堂の値段は日本と変わらず1000円近くです。それでも、店内はお客さんで賑わっているので凄いもんです。

IMG_1928

ミスタードーナツもありました。ドリンクとドーナツがセットになって約200円なのでお得ですね。タイではみんなLINEを使っているようで、ラインのキャラクター達が人気のようです。ミスドの景品がLINEのキャラクターになっているところも注目ポイントです(^o^)

IMG_1929

 

日本のユニクロと無印が合わさったようなお店です。ロゴデザイン的にグレーなところがあるのですが、店名にカタカナが使われているのは面白いですよね。

IMG_1930

 

日本から出て別の国から改めて日本という国を見ると、色々と気付かされることがあるとわかりました。当たり前のように使っている日本語だって、固くて図形のように見える「漢字」、曲線が多く柔らかい印象の「ひらがな」、直線や直角などが多くロジカルに見える「カタカナ」と、一つの言語でこんなにも印象が異なる文字を使う日本という国は珍しいのだと思います。

この特徴が異なる文字が組み合わさって見える様が海外の人から見たら非常にクール(格好良く)に見えるんだと思います。店内の装飾にもそのようなところが多々ありました。

今回のタイ旅行を通して、違う環境に身を置くことの大切が改めてよくわかりました!

この記事をシェアしませんか?Share on Facebook0Tweet about this on TwitterShare on Google+0